自賠責保険窓口会社は、保険金不払いの方向で交渉してくることがある

自賠責保険窓口会社は、保険金不払いの方向で交渉してくることがある

自賠責保険の交渉の窓口になるのは、損害保険会社です。交通事故の被害者として、この損害保険会社と交渉していますと、なんとかして自賠責保険の範囲内でなんとかしようとして、相手の隙をついて、保険金不払いにしようと交渉してくるようです。

 

自賠責保険の範囲を超えるような場合や、物的な損害に関しては、低く、低く交渉してきます。出来れば保険金不払いとして、余計な腹を痛めないで済まそうという意思が見え隠れしてくるものです。

 

私が経験した交通事故の場合は、自転車の全損でしたが、この部分の支払いについて、支払うことをかなり渋っておりました。たいした自転車でもなく新品でも1万円ちょっとで買えるようなものですが、既に何年も乗っていて、価値算定ができないとか、分けの分からないことを行ってきて、保険金不払いでいきたい意向を明確に示してきました。

 

この事故は私には何も落ち度がないということで、検分していた警察官も、全面的に私の味方となって心強かったものでした。ただ、ぶつけた左手が痛くて早く病院へ行きたかったのですが、しばらく現場検証につき合わされました。

 

しかし、人間事故を起こすと動転してどうしても自分有利な嘘やごまかしを言う物だということをこのときに知りました。この人は後の対応を考えると決して悪人でもなんでもない、むしろよい人であったと思うのですが、追い詰められると人は、どうしても言い訳が多くなる物です。

 

とにかく、自賠責の範囲を超える自転車の件は、保険金不払いで済ませたい保険会社の意向なのか、加害者が後の任意保険の値上がりを懸念したのか、とりあえず加害者の方から賠償金が出てきました。それで自転車を新しく買い換えましたが。大して高くないものですら、ここまで粘るわけですので、これが高級なもので、過失割合が微妙になってくると保険金不払いのようなケースは増えてくるのではないでしょうか。

関連ページ

自賠責保険における慰謝料
自賠責保険における慰謝料は、1日あたり一律で¥4,200という額が支給されることになっています。
交通事故の示談
示談をしたことがありますか?自賠責保険に入っているだけでは、示談は自分でやることになっています。
交通事故の示談と訴訟について
交通事故の場合、示談と訴訟になるケースはどちらが多いでしょうか。示談で解決というのが殆どであり全体の95%といわれています
交通事故のときの示談と慰謝料について
一つの交通事故で一度示談に応じしてしまいますと、同じ交通事故による慰謝料の再請求はできません。後で後遺症が出たからということでも示談が成立していると、被害者の言い分が認められることは難しいです
交通事故の加害者となったときの保険会社の役割と慰謝料について
保険に入っているなら、被害者への慰謝料などを含む示談交渉は基本的に保険会社が行います。事故を起こしてしまった加害者の出番は示談交渉、賠償金の支払いの場面で、被害者と直接話すようなことはないでしょう。
交通事故における示談と慰謝料で大切なこと
お葬式が終了し、四十九日の法要が終了した時点で、示談交渉、慰謝料の算定が開始されるのが一般的であるといわれます
交通事故における示談のポイントについて
加害者にとって示談のポイントは、必ず示談書を作成するということです。被害者の場合の示談のポイントは示談を焦ってしまわないことです
自賠責で死亡事故を起こした場合
自賠責保険では死亡事故の補償の規定は、基本的には葬儀費用が55万円、逸失利益、本人志望の慰謝料が350万、遺族への慰謝料が請求者1人のときには500万円、2人のときには600万円、3人のときは700万円が上限になります。
自賠責保険でカバーできる治療費
自賠責保険でカバーできる治療費の名目は、応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用などです。
自賠責保険の過失割合による賠償額の減額
賠償責任のない事故の場合には、被害者への支払い責任は無いという事になりますので、自賠責でも賠償する必要のないケースや賠償金が減額されるケースがあります。
自賠責保険で同乗者は被害者の自賠責保険に請求できるのか
同乗者は被害者の自賠責保険に請求できるのかということになりますと、過失割合に関係なく、妻は被害者の運転者に対しても自賠責保険の請求をすることができることになっています
自賠責保険料と弁護士の慰謝料の違い
自賠責保険料と弁護士の考える補償は全く異なった計算方法で求められますので、慰謝料の違いが出てきて当たり前の話になります。
自賠責保険の被害者請求について
自賠責保険では被害者の請求は、あくまでも通院日数、入院日数、休業日数といった、実際の日数を報告するだけにしかすぎません。そしてそれを元に計算をして、補償額が提示されます。