自賠責保険

自賠責保険における慰謝料は「自賠責法」という法律に定められていて、1日あたり一律で¥4,200という額が支給されることになっています。自賠責保険における慰謝料の総額は、この4,200に治療期間をかけて決まります。この「治療期間」とは、自賠責保険は次の通り2つの計算方法があります。1 治療期間 (入院期間+通院期間)2 実通院日数(入院期間+病院に通った日数)×2これら2つを比較した際に、日数が少な...

示談をしたことがありますか?示談とは、裁判ではなく当事者が話し合って、紛争を解決することで、民法上の和解と同じです。交通事故のうち、人身事故では95%示談で解決しています。では、もし交通事故にあって被害者になったら、あるいは自分が事故を起こして加害者になったら、その示談は誰がやるのでしょうか?どちらにしれも、交渉のプロではない私たちが、自分で示談をして、満足のいく結果を得られる可能性は非常に少ない...

交通事故の場合、示談と訴訟になるケースはどちらが多いでしょうか。示談で解決というのが殆どであり全体の95%といわれています。そもそも、交通事故の示談の場合は当事者同士の話し合いで慰謝料などを決めるというケースよりは、被害者と加害者の間に保険会社が入り、調整を行う物になります。この場合の慰謝料などは、自賠責保険のみですと、人身事故のみであることや、補償の上限が低い設定になっています。それ以上の示談金...

交通事故にあって、被害者になった場合に、その怪我の痛みや、怪我による休業、その恐怖などの精神的な苦痛など、通常は示談交渉による慰謝料によって問題を解決していきます。交通事故の95%が示談によって解決して、慰謝料などが民事裁判までもつれ込むことは、それほど多いものではありません。それは基本的に、保険会社などによって慰謝料の相場額の計算の算出方法が決められているということが一因でしょう。多くの人はその...

交通事故の加害者となり、相手に怪我をさせてしまった場合、きちんと自賠責保険、任意保険に加入しているかどうかが大切です。この保険に入っているなら、被害者への慰謝料などを含む示談交渉は基本的に保険会社が行います。事故を起こしてしまった加害者の出番は示談交渉、賠償金の支払いの場面で、被害者と直接話すようなことはないでしょう。自賠責保険などでは、怪我による通院、入院の日数によって、治療費の全額と日数によっ...

交通事故による慰謝料を含めた示談交渉は、基本的には被害者の受けた被害が完全に判明し、これ以上何もないということになってから開始され、損害賠償額の算定が行われます。人身事故の場合は、大きく分けると3つのパターンがあります。「被害者が死亡してしまった時点」、「被害者が怪我を負い完治した時点」、「被害者が怪我を負って、後遺症が残ることが確定した時点」この3パターンです。被害者が不幸にして死亡してしまった...

示談とは、交通事故を起こしたときに裁判で争わずに、加害者、被害者、もしくはその代理人双方の話し合いで慰謝料などの合意が成立することです。日本の交通事故の場合は、民事訴訟に行くものは5%程度といわれ、95%が示談によって解決しています。日本の裁判手続きの面倒さなども理由にはあるかもしれません。まず、加害者にとって示談のポイントは、必ず示談書を作成するということです。後で被害者から、「あのときの事故の...

自賠責保険の死亡事故の補償は、被害者一人につき3000万円が上限になっています。もし死亡者が多人数になるような事故になった場合でも一人の上限額は変わりません。まあ、そのような事故を起こしてしまったら、自賠責の一人当たりの上限云々などといっている場合ではないでしょうが。死亡事故の補償の規定は、基本的には葬儀費用が55万円、逸失利益、本人志望の慰謝料が350万、遺族への慰謝料が請求者1人のときには50...

自賠責保険でカバーできる治療費の名目は、応急手当費、護送費、診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、諸雑費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、診断書等の費用などです。尚、治療費には健康保険は適用されませんので、100%の金額が請求されます。通常3割負担の健康保険などの感覚でいえば、治療費には3倍以上の金額がかかるということになるわけです。そして、それでカバーできる上限の金額が決まって...

自賠責保険は、人身事故における補償をすることが目的で制定されている強制保険です。しかし、常に賠償責任が発生するということではないのです。賠償責任のない事故の場合には、被害者への支払い責任は無いという事になりますので、自賠責でも賠償する必要のないケースや賠償金が減額されるケースがあります。交通事故というものは、被害者に全く落ち度のない責任0というケースは非常に稀です。私の経験では、青信号で横断歩道を...

自賠責保険の交渉の窓口になるのは、損害保険会社です。交通事故の被害者として、この損害保険会社と交渉していますと、なんとかして自賠責保険の範囲内でなんとかしようとして、相手の隙をついて、保険金不払いにしようと交渉してくるようです。自賠責保険の範囲を超えるような場合や、物的な損害に関しては、低く、低く交渉してきます。出来れば保険金不払いとして、余計な腹を痛めないで済まそうという意思が見え隠れしてくるも...

例えば、夫婦で運転している車が、別の車と事故を起こし、妻が怪我をしたとします。そしてこの事故での過失割合的には、被害者が相手側であるというような場合です。このときに、「同乗者は被害者の自賠責保険に請求できるのか」という問題があります。まず、この事故の責任、過失割合的に加害者が夫であるとしても、まず加害者の自賠責からの請求は可能です。これは全く問題がないという判例があります。自賠責保険はあくまでも、...

自賠責保険料と弁護士の計算する慰謝料の違いがあることはよく言われることです。これは計算方法そのものが違います。自賠責保険料と弁護士が計算した慰謝料の場合、後者がかなり大きな金額になるといわれています。それは、自賠責保険を請負っている損害保険会社とすれば、慰謝料はなるべく小さく支払っておき会社の利益を確保したいという方向に動くのが当たり前であるからです。自賠責保険料と弁護士の考える補償は全く異なった...

交通事故にあって被害者の立場で怪我をしたとします。そこで、「この怪我は凄く痛かったから100万円の慰謝料をよこせ!」といってもまず、損保会社は取り合ってくれません。自賠責保険では被害者の請求は、あくまでも通院日数、入院日数、休業日数といった、実際の日数を報告するだけにしかすぎません。そしてそれを元に計算をして、補償額が提示されます。それが不服であるならば、弁護士なりをたてて、民事で争うということも...