自賠責の加入・更新は

自賠責の加入・更新は

自賠責は、車検があればその時に同時に加入や更新をすればよいのですが、原付や250cc以下のバイクは車検がないですから、自分で自賠責の手続きをしなくてはなりません。


自賠責保険だから、保険会社・揖保会社に電話をしなくてはならないと思いましたか?

もちろんそうしても間違いではありません。


しかし、それだけではありません。自賠責保険加入の受付窓口は全国のバイク屋のほかJAそして全労災などでも加入できまし、整備工場が代行して手続きしてくれます。


またコンビニ、郵便局、銀行でも、自賠責保険を申し込むことできます。

ただし、お店の方が不慣れで、時間がかかってしまうということもあるようです。(笑)


今ではネットが普及していますから、ネットからも申込ができるのです。



原付もバイクも自賠責の保険料はどこで契約しても、条件は同一です。

自賠責保険の契約期間は1年〜5年まで自由に設定できますが、保険料は1年契約で6,960円が5年契約の場合は14,070円と1年あたりの保険料は2,820円とすごくお得になっています。


保障内容は死亡,3,000万円まで後遺障害75万円〜4,000万円まで、障害120万円までとなっています。


もし近くにバイク屋さんがあれば、直接行くのが、簡単に自賠責保険の更新が出来る方法だと思います。




では、ローソンとセブンイレブンでの手続きを紹介します。

コンビニで原付バイクの自賠責保険の手続きをする際には、ナンバープレート、車台番号、郵便番号の入力が必要です。手ぶらで行ってしまわないよう注意しましょう。




○ローソンでの自賠責保険加入。


ローソンの端末「Loppi」を使って加入します。


1 画面にタッチ→「各種保険・共済」をタッチ。


2 「バイク自賠責保険」→「加入手続き」の順にタッチ

  →加入方法の「新規加入」または「更新」をタッチ。


3 必要事項を画面通りに記入していきます。

  最後に排出されるレシートをレジへ持って保険料を払い次第手続き終了。



○セブンイレブンでの自賠責保険加入。


受付は毎日24時間店頭のマルチコピー機で行い、レジで保険料を支払います。


インターネットの予約登録サービスを活用すると、自宅などでゆっくり情報入力が可能です。


マルチコピー機を利用すれば、次回の継続契約がスピーディに申し込めます。



満期日メール案内サービスではメールアドレスと自賠責保険の満期日を登録すると、満期日の1ヶ月前にメールにて案内がとどきますから、自賠責の更新を忘れるなんて心配もありませんね。




コンビニでは、レジで保険料を支払った後は、保険証明書、ナンバープレートに張るシールを受け取ります。


原付に貼るステッカーなどをしっかり受け取って、それを帰ったら貼ることまで忘れないように注意してください。(笑)


コンビニによっては、3年までの更新しかできなかったりと制約があるところもあると聞きます。



また、保険には、自賠責保険(強制加入)の他にも、任意保険、盗難保険などがあります。


任意保険は、補償項目によって対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、無保険車傷害保険、搭乗者傷害があります。

関連ページ

原付・バイクの自賠責保険は加入率が70%程度と
原付・バイクの自賠責保険は本来強制保険で、100%が加入していなければならないのが、70%程度と非常に低いのです。
自賠責をネットで申し込む
バイクや原付の自賠責保険のメリットで、加入するのにはネットで簡単に、24時間365日、いつでも申し込めるのです。しかも、最長5年間の契約を申し込めますので、保険料はかなり割安になります。
セブンイレブンの自賠責保険解約の方法
セブンイレブンの原付バイクなどの自賠責保険の解約は、セブイレブンの店舗やインターネットでは簡単にはできません。
自賠責保険のネット加入について
自賠責の新規加入や、更新にはネットを利用することが一番手軽で簡単な方法であるといえます
中古車を購入した場合の自賠責保険
中古車を購入する場合は、それを証明できる書類を確認しておくことが必要でしょう。
自賠責に未加入で任意保険加入はおかしいです
任意保険に入っていても、自賠責で支払われるべき金額は全て自己負担となります
自賠責保険の名義変更について
自動車の自賠責保険の名義変更が必要になるのは、自分の所有する自動車を売った場合や他人の所有する自動車を買った場合です。