自賠責保険の支払い限度額

自賠責保険の支払い限度額

もし事故を起こした場合の自賠責保険の支払いの対象はあくまでも被害者に対するものになります。この支払いに関しては、被害者側にも重大な過失があるような場合は、過失相殺され減額されることもあります。通常は、示談金などの交渉は、この自賠責保険の担当損保会社が窓口になっています。もし、限度額を超えるような支払いが必要な事故の場合は任意保険などで支払うことになります。任意保険に加入していない場合は当然自己負担ということになります。

 

まず、自賠責で支払われる対象は、怪我の場合はその治療費や通院のための交通費などの雑費で上限は120万円となっています。また休業などによる逸失利益も含まれますが、これは1日5,700円で計算されます。これ以上の場合は証明資料によって最大1日19,000円まで支払いがなされます。最悪相手を死亡させてしまった場合は最大で3000万円となります。障害が残るような怪我をさせてしまった場合は、その障害の等級によって最大4000万円まで支払いがなされます。

 

このように、自賠責の場合は、あくまでも支払いの限度額がかなり低めに設定されています。怪我の治療などには健康保険の適用がなされませんので、普段の通院の感覚以上に費用が発生します。また、事故被害者になんら落ち度がないような場合は、自賠責の支払い限度額だけではカバーしきれない場合もありますので、まずは安全運転。そして任意保険の加入も大切なことだと思います。

関連ページ

自賠責の保険料と保険金
自賠責の保険料と保険金を示しました
自賠責の保険料
自賠責の保険料の一覧です
自賠責の保険料が安くなる
自賠責の保険料は、2008年4月契約分から、平均して24.1%の引き下げとなりました。かってに安くなってくれたのですが、自分の努力で安くなる方法もあります。
軽四輪車は自賠責保険も安いです
軽四の魅力はなんといっても、維持費の安さです。これ自賠責保険、任意保険、自動車税などが普通自動車に比べかなり安くなります。
自動車自倍責保険金額はどうなっているか
自動車自賠責保険金額は、車種によって、支払う金額が異なってきます。一番安い車種が軽自動車です。また、自動車自賠責保険金額はその加入期間によって異なってきます。
自動車損害賠償責任保険に保険料の違いはありません
自動車損害賠償責任保険は、読んで字のごとく、「賠償責任」のための強制保険であり、基本的に保険会社による保険料の違いはありません。
自賠責保険の損害率悪化と保険料値上げについて
今回の値上がりの理由として挙げられているのは、この保険金の支払いが予想を上回るほど大きく、段階的に自賠責保険料を上げていくということが決定されたことと、累積運用額に問題があるということです。
自賠責保険の支払基準は機械的に決まる
自賠責保険の支払基準は機械的なものです。それは、大量の交通事故を効率よく処理して、多くの人を救済するための最大公約数的な基準を設定しているからです。
自賠責の保険料の値上げと安く済ませる方法
保険料を安く上げるには、やはり長期の加入が有利になるということでしょう。
高齢者の任意保険は値上げ
高齢者を狙い打ちにした、任意保険の値上げが大手損害保険会社を中心に打ち出されています。最大手の東京海上日動火災保険は、2011年7月から60歳以上の保険料の値上げを打ち出しています。