自賠責の保険料と保険金

自賠責の保険料と保険金

保険会社は、うちの保険はこんなに良いですよと熱心に売り込んでくるが、自賠責はそういうことが聞いたことがない。値段が安いから魅力がないのかなあ?車検がある場合は、ほとんど自動で加入されるから、売込みをしないのはわかるが、原付やバイクは更新をし忘れがけっこうあると思うのだ。

 

そこで調べてみたら、自賠責の保険料がどの保険会社が同じなのです。ということは、同時に保障内容も一律でした。つまり、支払いの対象となる損害の範囲と支払い限度額、あるいは車種ごとの保険料などが、全て同じに決められているのです。

 

具体的には、保険料は、自賠責の保険料を見てください。

 

 

保険金(保障内容)は、以下のようになります。

 

1.傷害による損害

 

被害者1人につき120万円

治療費関係診察料、入院料、投薬料、手術料、処置料、通院費、看護料、応急手当費、護送費、柔道整復等の費用、義肢等の費用、諸雑費、診断書等の費用

(原則として実費とし、治療・療養に必要かつ妥当な額が支払われます)

休業損害1日につき5,700円

ただし、立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、1日につき19,000円を限度として、実額が支払われます。

慰謝料 1日につき4,200円

慰謝料の対象日数は自賠責保険における慰謝料で書いたように決まります。

 

2.死亡による損害

 

被害者1人につき3、000万円まで

葬儀費55万円
逸失利益 死亡しなければ得られたはずの収入
死亡本人の慰謝料350万円
遺族の慰謝料請求権者1名のとき500万円

同2名のとき600万円
同3名のとき700万円

但し、被害者に扶養家族があるときは、この金額に200万円を加算

 

3.後遺障害による損害

 

被害者1人につき最高4,000万円〜75万円まで  (14等級あります)

逸失利益後遺障害がなければ得られたはずの収入
慰謝料等障害の程度により第1級 1,050万円〜第14級 32万円

障害の程度により第1級 1,050万円〜第14級 32万円
第1級〜第3級までは、被扶養者があるときは、増額されます。

 

 

被害者の損害を計算して限度額以内であれば、計算による限度額が支払われ、限度額をオーバーする部分は、任意保険で支払われることとなります。
「記事関連リンク」

  • 車の自賠責保険と任意保険との違い
  • ・自賠責保険:後遺障害による損害
  • ・自賠責保険:死亡による損害
  • 自賠責の示談情報
  •  

    関連ページ

    自賠責の保険料
    自賠責の保険料の一覧です
    自賠責の保険料が安くなる
    自賠責の保険料は、2008年4月契約分から、平均して24.1%の引き下げとなりました。かってに安くなってくれたのですが、自分の努力で安くなる方法もあります。
    軽四輪車は自賠責保険も安いです
    軽四の魅力はなんといっても、維持費の安さです。これ自賠責保険、任意保険、自動車税などが普通自動車に比べかなり安くなります。
    自動車自倍責保険金額はどうなっているか
    自動車自賠責保険金額は、車種によって、支払う金額が異なってきます。一番安い車種が軽自動車です。また、自動車自賠責保険金額はその加入期間によって異なってきます。
    自動車損害賠償責任保険に保険料の違いはありません
    自動車損害賠償責任保険は、読んで字のごとく、「賠償責任」のための強制保険であり、基本的に保険会社による保険料の違いはありません。
    自賠責保険の損害率悪化と保険料値上げについて
    今回の値上がりの理由として挙げられているのは、この保険金の支払いが予想を上回るほど大きく、段階的に自賠責保険料を上げていくということが決定されたことと、累積運用額に問題があるということです。
    自賠責保険の支払基準は機械的に決まる
    自賠責保険の支払基準は機械的なものです。それは、大量の交通事故を効率よく処理して、多くの人を救済するための最大公約数的な基準を設定しているからです。
    自賠責保険の支払い限度額
    自賠責で支払われる対象は、怪我の場合はその治療費や通院のための交通費などの雑費で上限は120万円となっています。
    自賠責の保険料の値上げと安く済ませる方法
    保険料を安く上げるには、やはり長期の加入が有利になるということでしょう。
    高齢者の任意保険は値上げ
    高齢者を狙い打ちにした、任意保険の値上げが大手損害保険会社を中心に打ち出されています。最大手の東京海上日動火災保険は、2011年7月から60歳以上の保険料の値上げを打ち出しています。