二輪の自賠責保険加入率について

二輪の自賠責保険加入率について

原付を含む二輪バイクの自賠責保険については、その加入率の低さが以前から問題となっています。自動車のほぼ100%に対し、70%の加入率に止まっているのは、二輪バイクには車検制度がない車種を含むことで、更新のタイミングを忘れているドライバーが多いのではないかとも言われています。しかし、更新のタイミングは損保会社からも自賠責保険の期限切れの通知はくるものですし、ナンバーに貼ってあるステッカーを見れば嫌でも目に入るものです。

 

私は、二輪バイクの自賠責保険の加入率の低さの原因は、運転する側の認識のあまさが大きいのではないかと思っています。自動車に比べ手軽な乗り物で、事故で相手を傷つけるより自分が死んでしまうかもしれない可能性の方が高いという感じもします。そして原付などの小型バイクの場合は、それほど事故の可能性を重大に考えていないドライバーが多いのではないでしょうか。

 

二輪は四輪に比べて安定が悪くなるのは当たり前の話です。その分だけ操作をミスれば建て直しはききません。自分が怪我する分には自前の話しでなんとかすると思っているかもしれませんが、いつ何時、他人を巻き込むか分からないのが交通事故です。

 

そして二輪バイクといえども、殺傷力は十分すぎるほどにあるのです。原付にしても同じです。あの質量の物体が時速30キロでぶつかってきたら相撲取りのブチカマシどころの話ではありません。とにかく、自分が運転しているものは十分危険なものであることを認識し、最低限、自賠責保険には加入するようにすべきでしょう。

関連ページ

原付の自賠責保険とは
原付の自賠責保険は、必ず加入しなければならない強制保険です。更新しないままで原付に乗っていると、罰則は重たいです。
バイクの自賠責
掛けていた自賠責保険を新しいバイクに移すことも出来ますから、長期の加入のほうが、ずっとお得です。
原付の所有権を移す場合の自賠責保険の手続き
自賠責というものは、所有者ではなく、その原付バイク本体に付随するものですので、保険期間が残っていれば、それは有効になります
原付の自賠責保険証明書は常に持ち歩くこと
ネットによる自賠責の加入をした場合などは、ネットの特性を生かし、メールなどに更新期日が近いことを伝えるようなメールが送られてくるサービスもあるかと思います
原付自転車の自賠責保険を解約したときの解約金について
原付自転車を廃車にすることで、保険解約したときに、残りの保険期間が1年以上あれば解約金が戻ってきます
原付の交通事故の事故示談金について
相手の保険会社は、交渉馴れしていますし、下手に出て同情を引こうとしてきます。