原付の自賠責保険とは

原付の自賠責保険とは

原付の自賠責保険は、必ず加入しなければならない強制保険です。

 

新車を購入する時は自賠責にも加入するかもしれないが、車検の必要がないためにやがて有効期限を過ぎても気がつかないで、無保険になってしまいます。

 

自賠責は、車であれば何でも加入するのは、それだけ事故があったら被害者を最低はこのぐらいは補償しなければならないという保険です。

 

ですから、更新しないままで原付に乗っていると、罰則は重たいです。

 

まず、「1年以下の懲役または50万円以下の罰金」になります。

 

しかも、違反点数は6点です。つまりは免許停止処分です。

 

それだけではありません。自賠責保険の証明書は携帯しなければなりません。もし、無携帯なら30万円以下の罰金になります。

 

 

ですから、必ず原付でも自賠責保険には加入しましょう。

 

 

有効期限を過ぎているかどうかはどうやって見たらいいでしょうか?

 

それは、ナンバープレートに貼ったシールを見ればわかります。
自賠償のシール

 

 

ちなみに中古の原付の自賠責はどうなるのでしょうか?

 

自賠責保険は、人でなくて車に付きますから、前の所有者が入っていれば、その有効期限の間は、それで大丈夫です。

 

ただ名義が自分ではなくて、前の所有者になっていますから、名義変更をしてもよいでしょう。名義変更をしなくても支障はないと思いますが、念のためですね。(^^

 

その際、現在契約している自賠責の証書は必須で、他に印鑑や譲渡意思が確認できる資料、運転免許証、ナンバープレートや車台番号情報などが必要となります。

 

けっこう面倒ですかね。

 

 

 

原付と250cc以下のバイクの自賠責の手続きは、バイクショップや損害保険会社はもちろん、郵便局でもできます。

 

そして最近では、コンビニでも可能ですし、ネットでも申し込めます。
それらに手続きは、詳しくは後で書きますから、そこを参照してください。

 

 

自賠責の保険料は、原付やバイクは最高5年まで加入でき、そうするとかなり安くなります。

 

くわしくは、自賠責の保険料に書いてありますが、

 

 原付(125cc以下)
   1年  6,960円
   5年 14,070円

 

 バイク(250cc以下)
   1年  8,620円
   5年 22,050円

 

ですから、原付なら5年で入れば、1年を5年間続けるより約2万円も得ですから、是非長期の保険をお勧めします。

 

万一、それを短期で原付を廃車したら、自賠責は解約が可能です。

 

その場合は、以下をそろえて

 

1.自賠責保険証明書
2.自賠責保険承認請求書(保険会社に備え付け)
3.保険契約者本人であることの確認書類(運転免許証、健康保険証等)
4.廃車が確認できる書類
5.保険標章(原付のナンバープレートに貼ってあるステッカー)

 

各損害保険会社の窓口ですることができます。

 

一部の損害保険会社ではカスタマーセンターなどで電話・郵送対応を始めているところもあるようですから解約の際は問い合わせをしてみてください。

 

自賠責保険の解約は自分で手続きしなければ仮に廃車などにしても勝手に解約返戻金が戻るわけではありませんから、お金を損をしないように手続きをしましょう。
「記事関連リンク」

  • 自賠責保険の加入の必要性と任意保険
  • ・自賠責保険は強制保険?
  • ・自賠責保険未加入の場合の罰則
  • コンビニで自賠責保険に加入する
  • 自賠責で示談する際のポイント?
  •  

    関連ページ

    バイクの自賠責
    掛けていた自賠責保険を新しいバイクに移すことも出来ますから、長期の加入のほうが、ずっとお得です。
    原付の所有権を移す場合の自賠責保険の手続き
    自賠責というものは、所有者ではなく、その原付バイク本体に付随するものですので、保険期間が残っていれば、それは有効になります
    原付の自賠責保険証明書は常に持ち歩くこと
    ネットによる自賠責の加入をした場合などは、ネットの特性を生かし、メールなどに更新期日が近いことを伝えるようなメールが送られてくるサービスもあるかと思います
    原付自転車の自賠責保険を解約したときの解約金について
    原付自転車を廃車にすることで、保険解約したときに、残りの保険期間が1年以上あれば解約金が戻ってきます
    原付の交通事故の事故示談金について
    相手の保険会社は、交渉馴れしていますし、下手に出て同情を引こうとしてきます。
    二輪の自賠責保険加入率について
    原付を含む二輪バイクの自賠責保険については、その加入率の低さが以前から問題となっています。自動車のほぼ100%に対し、70%の加入率に止まっている