自賠責保険

原付の自賠責保険は、必ず加入しなければならない強制保険です。新車を購入する時は自賠責にも加入するかもしれないが、車検の必要がないためにやがて有効期限を過ぎても気がつかないで、無保険になってしまいます。自賠責は、車であれば何でも加入するのは、それだけ事故があったら被害者を最低はこのぐらいは補償しなければならないという保険です。ですから、更新しないままで原付に乗っていると、罰則は重たいです。まず、「1...

バイクの運行の際に義務付けられているものは免許証の携帯、ヘルメットの着用と自賠責保険への加入です。自賠責の期限切れの確認バイク(原動機付自転車、排気量250cc以下の二輪自動車)には車検がありませんので、自賠責保険の期限切れは自分で注意しなければなりません。あなたは、バイクの自賠責が期限切れでないことを確認しましたか?「あれば、いつだったかなあ」なんて言ってると、だいたい日にちは過ぎています。見る...

原付バイクを持っていたけれども、友人に譲るなどの場合、自賠責の手続きが必要になります。まず自賠責というものは、所有者ではなく、その原付バイク本体に付随するものですので、保険期間が残っていれば、それは有効になります。自賠責の場合、最長の5年で契約しておきますと、保険料も安くなります。もし、自賠責の期間が残っているのでした所有権を移すということを、損保会社へ行って手続きをする必要があります。これは、ネ...

原付の自賠責については、更新を忘れないこと。そして、以外に忘れがちで大切なことは、「自賠責保険証明書」をどうするのかということです。これは原付を運転する際には持ち歩く必要があります。自宅に置きっぱなしにしておきますと、自賠責保険証明書不所持ということで罰則の対象になるのです。原付バイクですとヘルメットを入れる場所などもありますが、そのような場所に「自賠責保険証明書」きちんといれて運転するときは持ち...

原付といわれる原動機付自転車などのバイク類を廃車にするときには、自賠責保険も解約することになります。この原付自転車のナンバープレートの抹消にともない自賠責保険も解消する手続きを行うわけです。手続き自体は、自賠責保険に加入している損保会社に出向いて解約の書類を提出することになります。原付自転車を廃車にすることで、保険解約したときに、残りの保険期間が1年以上あれば解約金が戻ってきます。また、実際にどの...

原付の交通事故に巻き込まれて怪我をしてしまった場合を想定してみましょう。交通事故で被害者となった場合に、加害者が自賠責保険に加入している場合は事故示談金の交渉は、保険会社相手に行うことになります。私が原付の交通事故の巻き込まれたときもそうでしたが、事故示談金に関する交渉が開始されると加害者が直接出てくることはありません。この示談交渉についても、対応の仕方次第で、事故示談金の金額の幅が変わってきます...

原付を含む二輪バイクの自賠責保険については、その加入率の低さが以前から問題となっています。自動車のほぼ100%に対し、70%の加入率に止まっているのは、二輪バイクには車検制度がない車種を含むことで、更新のタイミングを忘れているドライバーが多いのではないかとも言われています。しかし、更新のタイミングは損保会社からも自賠責保険の期限切れの通知はくるものですし、ナンバーに貼ってあるステッカーを見れば嫌で...