交通事故で自賠責保険しか入っていない場合について

交通事故で自賠責保険しか入っていない場合について

交通事故を起こしてしまった場合には、基本的には強制保険となっている自賠責によって被害者への補償が行われます。自賠責の補償は死亡事故を起こしてしまった場合は3000万円が上限。怪我の場合で120万円が上限。後遺症などの障害が固定してしまっている場合はその程度によって異なりますが4000万円が上限になります。

 

ただし、この自賠責の補償はあくまでも人的な損害に対する補償です。もし被害者の所有物に対する損害を与えてしまっている場合は、自賠責ではカバーされません。その場合は自分でカバーするか、任意保険に加入しているのであれば、任意保険でカバーすることになるかと思います。私の場合は、自転車が全損になる交通事故の被害者になりましたが、この自転車に関してだけは、加害者本人と示談金の交渉を行いました。

 

たいした自転車ではなく、新品で買ったときも1万円ちょっと。そして買って何年もしたものです。本当の価値ということでいえば、リサイクルショップに持っていっても1000円でも買い取ってくれるか怪しいものでした。しかし、自転車が無いと日々の生活に困るわけですので、その点を強調し、また新しい自転車を買うのに、どんなに安いものでも1万円はするということを根拠にしましたら、あっさりと1万円を出してくれました。

 

保険会社を利用して小額の物損補償を使うよりは、自分でカバーしたほうが有利であったのだろうと思います。自賠責だけの場合は、このような選択肢もなく、いきなり自分でなんとかするしかなくなります。相談も出来ません。まず、自賠責だけではなく任意保険に入っておくほうが安心して運転ができるのではないでしょうか。

関連ページ

自賠責とは
自賠責は事故の被害者が最低限の補償を受けられるように、国が被害者救済を目的に始めた保険制度です。自賠責では、人身事故について支払われる保険です。
自賠責保険の流れ
自賠責保険の流れは、請求者が加害者か被害者かで違ってきます。加害者が請求者の場合には、示談をして、被害者に賠償金を支払って、その領収書をもらって、それを請求書類とともに送ることをします。
自賠責保険と自動車保険の違いは
自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)も、通常の自動車保険もどちらも自動車の保険ですが、その違いはわかっていますか?
自賠責保険はいつも補償をしてくれる?
自賠責保険では対人賠償を補償することを目的としていますから、賠償責任がない事故の場合には、被害者への支払い責任はないことになります。
加害者が自賠責だったらどうなるのか
加害者が自賠責だったらなら、とりあえず保障は可能ですが、「自賠責のみ」という人が加害者の場合、その人に支払い能力があればいいですが、ない場合は厳しいものになります。
自動車の自賠責保険について
自動車の運転には全くミスがなくとも事故に巻き込まれ、相手に怪我をさせてしまうこともあります。これを無過失責任といいます。このようなケースも想定し、任意保険まで加入しておくことが安心だといえます
自動車保険における自賠責保険の問題点と任意保険の必要性
自賠責保険の問題点はあくまでも人身事故を対象とした被害者救済目的の保険です。また、人身事故の補償に関しても、最低限の補償です。
自賠責保険は新車の場合37ヶ月
自賠責の期間について調べてみますと、最大37ヶ月という期間が設定されています
自賠責保険の代理店資格について
自賠責保険の取り扱いは資格をもっていなければ出来ない
重量税の減税について
2010年4月1日以降に車検を受けた物はこの暫定税を含む重量税20%が減額されています。
自賠責制度PRキャラクターで自賠責加入促進活動
平成22年度の自賠責制度PRキャラクターが広瀬アリスさんというタレントさんですが16歳ですね。