自賠責保険

交通事故の死亡者は年々減ってきて嬉しいですが、それでも飲酒運転など事故は後を絶ちません。事故の被害者になったけれど、加害者が保険に加入していなかったらと思うとぞっとしますね。それで自賠責保険(強制保険)は、交通事故等で被害者にあった方を救済するために、全ての自動車は加入が義務付られています。ですから自賠責保険とは、「強制保険」と呼ばれます。自賠責保険又は自賠責とも言われていますが、正式名称は「自動...

自賠責保険の流れは、請求者が加害者か被害者かで違ってきます。保険会社は、請求がされると動きますが、被害者は、加害者の加入している損害保険会社等に直接、保険金(共済金)を請求することができます。(加害者が複数の場合、個々に自賠責保険の請求ができます。)1.自賠責保険請求書一式を保険会社窓口から取り寄せる2.所定の用紙に記載する。(請求書・事故発生状況報告書等)3.請求書以外の必要書類を取り寄せる。(...

自賠責保険(自動車損害賠償責任保険)も、通常の自動車保険もどちらも自動車の保険ですが、その違いはわかっていますか?まず、自賠責は強制保険、つまり必ず保険に入らなければならないのに対して、自動車保険は任意保険、つまり入るか入らないかは個人の自由なのです。何故、強制保険であるかというと、事故を起こした時に保険に入っていなければ、払うお金がなくて、被害者が泣き寝入りになりかねなくなることを防ごうというわ...

自賠責保険では対人賠償を補償することを目的としていますから、賠償責任がない事故の場合には、被害者への支払い責任はないことになります。賠償の責任がないから補償をしないというのは、わかったようですが不安になるかも知れません。実は交通事故というのは、100%被害者の責任で起こることはまれです。ですから、その場合は責任が50%か30%か、その割合に応じて補償がされます。つまり、過失(責任)の割合によって計...

交通事故に巻き込まれ、加害者が自賠責だったらどうなるのでしょうか。まず加害者というのは、自動車の持ち主、運転者の両方が含まれます。つまり自動車を所有している人が友人に車を貸して事故を起こした場合、車を貸した人も加害者として責任を追及されます。これを「運行供用者」といって法律で規定されたものです。さてこの加害者が自賠責であったら、まず保障の上限が低いということが問題となると思います。例えば事故の死亡...

交通事故を起こしてしまった場合には、基本的には強制保険となっている自賠責によって被害者への補償が行われます。自賠責の補償は死亡事故を起こしてしまった場合は3000万円が上限。怪我の場合で120万円が上限。後遺症などの障害が固定してしまっている場合はその程度によって異なりますが4000万円が上限になります。ただし、この自賠責の補償はあくまでも人的な損害に対する補償です。もし被害者の所有物に対する損害...

自動車の場合、車検を通すときに自賠責保険の加入が義務付けられますので、自賠責保険に入っていなければそもそも車検が通りません。この点で車検の無い125cc未満のバイクや原付と異なり、ほぼ100%のドライバーが自賠責保険に加入するということになっています。自賠責保険は対人事故の補償だけですので物損などには適用されません。あくまでも事故にあった被害者を救済することが目的の保険です。補償は死亡の場合で30...

大きな意味の自動車保険には2つの保険があります。まずは自賠責保険といわれるもので、車を運転する場合強制的に加入することになる物です。車検を通すときに加入しますので、ほぼ100%の人が加入しているでしょう。もう一つが任意保険といわれるものです。これは入る、入らないは任意、自由です。しかし、自動車を運転する人の70%が加入していますし、自動車を運転するならば加入すべき保険といえます。これは、自賠責保険...

自賠責保険は、自動車の車検を通すためには加入が絶対に必要なものです。この自賠責の期間について調べてみますと、最大37ヶ月という期間が設定されています。この37ヶ月とは別に36ヶ月という自賠責保険期間もあります。この2つの違いはいったい何なのでしょうか?まず、3年間ということであれば、自賠責の期間は36ヶ月でいいはずなのに、何故、37ヶ月とプラス1ヶ月されているのでしょうか。これは、新車を購入したと...

日本損害保険協会という協会では自賠責保険の取り扱いに関する資格試験を行っています。つまり自賠責保険の取り扱いは資格をもっていなければ出来ないということになるわけです。損害保険代理店として、自賠責保険を含む損害保険契約の募集を行うためには、損害保険会社と委託契約を締結した上で、内閣総理大臣の登録をうける必要があるのです。そして、そのために保険会社が実施する所定の教育を受け「保険募集に関する法令や保険...

重量税とは、新規の登録、車検更新の際に、自動車の重量に対して支払う税金となっています。特に理由は明確になっていませんが、本来の税額とは別に暫定税なるものが上乗せされています。2010年4月1日以降に車検を受けた物はこの暫定税を含む重量税20%が減額されています。新車の場合は3年間となり、車検の場合はその有効期間に応じて、重量税を支払うことになります。手続きは、手数料納付書に重量税印紙を貼って提出す...

毎年、自賠責保険を宣伝普及するために「自賠責制度PRキャラクター」ということでタレントを選定しているのですが、平成22年度のキャラクターが広瀬アリスさんというタレントさんですが16歳ですね。免許もてない年齢の人でも「自賠責制度PRキャラクター」でいいのですね。まあ、子供店長ということで、車を売っているCMもありますので年齢は関係ないのでしょうけど。(笑)この方が決まったのが昨年の3月ですが、今年は...